あなたのこれからについて考えるプログラム
2020 . 5 . 11 MON. START!

WEBでアサーティブプログラム

個別面談は要予約
キービジュアル
SCROLL

こんな高校生が
個別面談を活用しています

高校では部活に打ち込む毎日!
大学の学力入試では自分の思いを
伝えられる自信がない・・。

CASE01

大学には行きたいと思っているけど
やりたいことはあんまりなくて
学部も正直なんとなく選んでる。

CASE02

やりたいことがあまりなくて、
大学に行かなくても良いかなと思う
こともある。なにが良いかわからない。

CASE03

コロナのことがあって不安。
勉強しないといけないって思うけど
不安で集中できない・・。

CASE04

アサーティブプログラムとか
アサーティブ入試ってなに?

CASE05

まずは自分を知ることから
始めよう!
アサーティブプログラム

自分と向き合う
お助けノートだよ。
アサーティブノート アサーティブノートより抜粋
自分と向き合う
お助けノートだよ。
アサーティブノート表紙

アサーティブプログラム とは?

追手門学院大学の「アサーティブプログラム」は、
自分と向き合おうとするあなたを応援するプログラム。
「やりたいことがみつからない」「自分の適性とは?」「社会に出る自信がない」
「自分で決断できない」…そんな気持ちのあなたが、
自分自身で「進むべき進路」や「大学で学ぶ意義」を見出せるように開発されました。
参加することで、「自分のことを理解する」「相手の意見をしっかりと聞く姿勢」
「自分で考えたことを相手にしっかりと伝えられる」といった力を磨き、
将来の自分をイメージし、前向きに受験をスタートさせることができます。

先輩たちの声 VOICE

アバター画像

アサーティブで学んだことを活かして、
これからも人との縁を結んでいきたい

アサーティブ1期生 
心理学部 心理学科 卒業 瀬々 健咲
高校時代
広島県の高校で部活に打ち込む毎日だった私は、学力だけの入試では自分の想いを伝えられないことに悩んでいました。アサーティブプログラムでは、人柄も見てくれるところに興味を持ち、個別面談やアサーティブノートで伝えたいことを整理できました。MANABOSSで基礎学力を効率よく勉強し、苦手分野も克服!
大学時代
学内では仲間と共にアサーティブスタッフを立ち上げ、ガイダンスを担当したり高校生の進路選択の支援を行いました。学外では、「貧困国への支援」に興味を持ち、カンボジアでボランティア活動に参加。イベントの企画・実行など自分のやりたいことへ積極的に挑戦!
就職活動〜
社会人
アサーティブで学んだことがそのまま活かせました。自分にとって「どんな人と仕事がしたいか」を軸として就職活動を行いました。現在は社会人となり、住宅の買取再販事業会社で営業として勤務しています。情報収集や交渉、接客など人との関わりの中で「自分がどうしたいか」を考えながら取り組んでいます。
アバター画像

何回でも面談できるし、自分の悩みを引き出してくれる!
将来の進路を一緒に考えてくれる職員さんたちです。

経営学部 経営学科 3年 牧野 梨緒
アバター画像

気付いたら大学進学の話だけでなく、将来の夢や私生活の相談まで!!
個別面談はとても楽しかったですよ。

経営学部 経営学科 2年 佐々木 想真
アバター画像

個別面談では「他の大学も見て自分に合った大学を選んだらいいよ!」
とアドバイスをもらいました。
おかげでしっかりと大学を比較することができました。

心理学部 心理学科 3年 木村 真希
アバター画像

個別面談を何度も受ければアサーティブ入試に受かると思っていた。
しかし、面談と入試の合否が無関係だと知って恥ずかしくなった。
今ではいい思い出です(笑)

地域創造学部 地域創造学科 3年 和泉 光紀
※所属・学年は2020年度時点

申込方法 LET’S JOIN

いま抱えている不安な
気持ちや悩みも何でも相談OK
ガイダンスに参加して
個別面談に申し込もう!

フォームから申込む

まずはフォームから必要項目を入力して申込み。
申込み後、登録したメールアドレスに、アサーティブプログラムの
ガイダンス動画を視聴できるURLが届きます。

ガイダンス動画を視聴する

ガイダンス動画では、「アサーティブプログラム」
「アサーティブ入試」について説明しています。
本学が求める受験生像とは・・・。

オンライン個別面談を受ける

まずは、元気よく「こんにちは」でOK!
どんなことに悩んでる?どんなことが困ってる?
わからないことがわからない?
あなたの「今」について話してみよう。

プログラム受講を決めた
みなさんは次のステップへ!

MANABOSS
(マナボス)を活用

パソコンやタブレット、スマートフォンから利用可能な、インターネットを活用した本学独自の学習システム。学習状況や目標達成までの進捗管理、自分の基礎学力を確認できます【個別面談の受講者のみ利用可能】。

基礎学力
基礎学力の見直し
追手門学院バカロレア
主体性・多様性・協働性などを育成 思考力・判断力・表現力などを育成

アサーティブノート
で理解を深める

自らのことを理解し、大きな視野で周りの状況を見極め、自分で考えたことを相手にしっかりと伝える準備ができるノートを用意。アイデンティティの形成と自己成長を促します。

アサーティブノート表紙 振り返る力を育成

アサーティブアプリ
で快適に

アサーティブプログラムに関するイベントのご案内や、グループディスカッションの様子が分かるムービー、フォトギャラリー、スタッフ紹介など、たくさんのコンテンツを用意しています。アサーティブプログラムに興味のある方は、是非登録してください。

アサーティブガイダンスの申込みはこちらから!
みなさんの応募をお待ちしています!

※迷惑メールの設定を行なっている場合は、
あらかじめ「assertive@otemon.ac.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

氏名(漢字)
氏名(カナ)
性別
メールアドレス
確認用メールアドレス
高校名
学年

■個人情報の取扱いについて

(1)本個人情報の管理者
追手門学院大学 教務部 アサーティブ課

(2)基本方針
学校法人追手門学院の掲示するプライバシーポリシーに従い、適切に個人情報の管理運用に努めます。
学校法人追手門学院 プライバシーポリシー
http://www.otemon.jp/policy.html

(3)個人情報の利用目的
アサーティブプログラム(以下、本プログラムという)を実施・運営するために利用します。具体的には、以下の通りです。
・本プログラムの中での参加状況の管理(参加日、面談参加回数など)
・面談記録(次回以降の面談などに活用するため、メモを取ることがあります)
・MANABOSSの説明書等、郵送物の発送

(4)個人情報の匿名加工およびその利用目的
統計資料を作成するときは、必ず個人を識別することができないよう作成し、これを維持します。
具体的には、参加者数、面談合計数、都道府県別参加者数、各開催日ごとの参加者数、男女比など、数字で表現する資料(統計資料)を作成することがあります。
この場合、個人を識別する情報は一切載せないように徹底し、またこれを維持します。

また、匿名加工をした統計資料は以下の目的で取り扱います。
・本学教職員同士の会議
・本プログラムに関する学術発表
・本プログラムの年間活動報告
・本学の広報活動(本プログラムのPR)
・その他、教育における研究分析

(5)個人情報の第三者提供について
取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(6)個人情報を与えなかった場合に生じる結果
個人情報を与えることは任意です。ただし、個人情報に関する情報をご提供いただけない場合は、サービスの提供ができない可能性があります。

(7)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について
ご本人または代理人からの求めにより、本学が保有する開示対象個人情報に関する開示、利用目的の通知、内容の訂正・追加または削除、利用停止、消去および第三者提供の停止(以下、開示等という)に応じます。
開示等の求めに応ずる窓口は、以下の「アサーティブプログラムに関する個人情報の取り扱い、相談等の問合せ先」を参照してください。
なお、開示等の求めは書面での手続きを原則とします。

(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(8)個人情報の安全管理措置について
取得した個人情報については、漏洩、減失または毀損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。

(9) アサーティブプログラムに関する個人情報の取り扱い、相談等の問合せ先
【アサーティブプログラム及び本ページに関するお問い合わせ】
〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1番1号
追手門学院大学 アサーティブ課
TEL:072-697-8193
Mail:assertive@otemon.ac.jp

2020年5月11日作成

プライバシーポリシーに同意